日焼け止めはSPFやPA値だけで選んではいけない?


日差しの強い時期は、ちょっと外に出掛けるだけで、肌が日に焼けてしまいます。日焼け止めを塗っているつもりでも、長時間の外出になると効果が薄まってきて、日焼けしてしまうことがあります。

最近では、汗に強く効果が長続きするものや、肌にやさしく負担を掛けないものなど、日焼け止めにも様々なタイプが出てきています。使いやすさや肌に合うものなど、自分にあったものを探してみましょう。



SPFやPA値は高いものを選んだ方がいいの?


日焼け止めを選ぶ基準としてSPFやPA値がありますが、とりあえず値の高いものを選んだ方がいいのかなと思ってしまいがちです。でも、値の高いものは肌への負担が多いため、肌荒れを起こす可能性があります。

そもそもSPFやPA値は、それぞれタイプの違う紫外線に対する抵抗値を意味しています。SPF値は紫外線B波に対して、肌が赤くなるまでの時間を長くします。PA値は紫外線A波に対して、肌が黒くなるまでの時間を長くします。

どちらの値も、紫外線による肌への影響を遅らせるだけであり、紫外線を完全に防げるものではありません



日焼け止めを選ぶポイント


日焼け止めを使うときは、普段用とレジャー用と使い分けるのが大事です。普段用ならSPF10からSPF30くらいのものを選んで、レジャー用ならSPF30からSPF50のものを選ぶのがオススメです。

また、普段用なら肌にやさしい乳液タイプや、伸びがいいジェルタイプなどがオススメです。メイクの上から塗り直せるパウダータイプも便利です。レジャー用には、汗で落ちにくいウォータープルーフのクリームタイプがオススメです。これなら海に出掛けても、日焼けしなくてすみます。

 

 

 

関連アイテム

  • 該当なし