美白化粧品は危険?白斑ができることがあるって本当?


肌を白くしようと思って、美白化粧品を使おうと考えていました。でも、白斑ができることがあると聞いたので、本当のところどうなのか調べてみました。

以前にあった美白化粧品では、ロドデノールという成分が配合されていたものがありました。メラニンの生成を抑える作用があり、シミや美白に効果があるとされていました。一時は化粧品に配合されていましたが、チロシナーゼという別の成分と結合すると、メラニンを作る細胞の働きをなくしてしまうという危険性が分かりました。

そのため、ロドデノールという成分は現在では使用されなくなりました。今では似たような作用があって、副作用がないハイドロキノンが使われるようになっています。

ハイドロキノンは、ずっと医療用として使われていましたが、問題になるようなことがなかったため、市販されている化粧品にも配合されるようになっています。ハイドロキノン配合の美白化粧品は医薬部外品として販売されているので、使用方法を守っていれば安心して使うことができます。